相互リンク

相互リンク

byちょびっとコツコツお小遣い
『相互リンク』を紹介するページです。
本サイトの一押し、マクロミル(macromill)無料登録は↓こちらから マクロミル(macromill)へ会員登録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相互リンク

相互リンク依頼


お友達一覧よくブログのサイドバーに「お友達一覧」や「リンク一覧」などのタイトルで他のブログ一覧が表示されているのを見かけると思います。例えばブログ名”A”の「お友達一覧」に載っているブログ名”B”にアクセスすると、ブログ名”B”の「お友達一覧」にもブログ名”A”が載っています。
これは相互リンクというものです。
初めは相互リンクにおける真のメリットが分かりませんでした。
「お友達一覧」に自分のブログが載っていると、訪問者数が多少増えるぐらいと思っていました。
それも目的の一つですが、真の目的はSEO対策です。
yahooはそうでもないらしいですが、googleは他の方のブログやHPからどれだけリンクされている(載っている)かを重要視します。
つまり自分の内容に沿ったキーワードで検索された時に、リンク数が多いと上位表示される可能性が高まります。

相互リンク依頼をする相手


いきなり相互リンクを相手にお願いしても、自分はブログ開設間もないためOKしてもらえるかわかりません。
相互リンクをしてもらえる相手を見極める目安は、「相互リンク募集中表示」・「同じFC2ブログ」だと思います。

「相互リンク募集中表示」:積極的に相互リンクを募集しているので、OKしてもらえやすい。
「同じFC2ブログ」:自然と仲間意識があるので、OKしてもらえやすい。

ただし、「いきなり相互リンクお願いします」とコメントすると、OKしてもらえない場合もあります。
例えば「ブログを拝見致しました。とても情報が豊富で、分かりやすい説明で勉強になります。勝手ですが貴方のブログをリンクさせて頂きました。よろしければ相互リンクして頂けないでしょうか。」というようなコメントにしましょう。
また、自分のブログに相手のブログをリンクしてから、相互リンクをお願いするのがマナーです。

相互リンクをしてもらってとても意味のある相手は、ページランクが高く、リンク数が少ない相手ですが、あまり意識せずに自分がまた訪問したいと思うブログに相互リンクをすればよいと思います。

本ブログでも、簡単な基準はありますが相互リンク募集をしています。
詳細はこちらです。

相互リンクにおける注意


自動相互リンクよく無料や有料で、自動相互リンク○○○個!!!というサービスがあります。
これを利用すると、簡単に多くの相互リンクを獲得できますが落とし穴があります。
検索エンジンは、いきなり多くのリンクが増えると、そのブログは「検索エンジンスパム」と判断して検索エンジンのデータベースから削除されてしまい、検索エンジンでは表示されなくなってしまう可能性があります。
そういうサービスは利用せず、地道にリンクを増やしましょう。
また注意を払っている方は、1日3リンクまでという方もいます。







記事一覧表

ポイントサイト
アンケートサイト
アフィリエイトサイト
ブログライターサイト



はじめに
ブログ記事投稿前に
ブログ記事投稿後に


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。