metaタグ(メタタグ)keywordsの設定【ブログSEO】

metaタグ(メタタグ)keywordsの設定【ブログSEO】

byちょびっとコツコツお小遣い
『metaタグ(メタタグ)keywordsの設定【ブログSEO】』を紹介するページです。
本サイトの一押し、マクロミル(macromill)無料登録は↓こちらから マクロミル(macromill)へ会員登録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

metaタグ(メタタグ)keywordsの設定【ブログSEO】

metaタグ(メタタグ)とは、yahooやgoogleなどのロボット型検索エンジンにホームページ情報を拾わせるために使用します。
検索エンジンのロボットは、一定期間でWebページを巡回して、キーワードを拾い集めて検索結果に反映させる役割を持ちますが、metaタグ(メタタグ)"keyword"を設定していると検索エンジンのロボットに自分のサイトの重要キーワードをすぐに理解してもらえます。

<meta name="keywords" content="キーワード"/>


<meta name="keywords" content="ページのキーワード"/>は、キーワードを記述するmetaタグです。
"キーワード"部分に自分のサイト内の重要なキーワードを複数入れておきます。
以前、このキーワードに必要以上に大量のキーワードを記述することで検索エンジンでの順位表示を上げる行為が乱発したため、googleはキーワードを全く無視しているといわれています。
ただしyahooはある程度キーワードを見ていると言われているので、記述する価値はあります。

キーワードの個数は、5~6個が適切といわれており、
<meta name="keywords" content="キーワード1,キーワード2"/>
のように半角コロン(,)で区切って記述します。

"keywords"に関するブログとHPの違い


"keywords"は、各ページ毎に設定するのが基本です。
当然、各ページによって重要なキーワードが異なるためです。
HPでは各ページ毎に異なるキーワードを設定できますが、ブログでは基本的に共通のキーワードしか設定できません。

そのため、本来は「げん玉」紹介のページのキーワードは「げん玉,ポイントサイト,お小遣い」、ちょびリッチでは「ちょびリッチ,ポイントサイト,お小遣い」などのような設定例が考えられますが、共通のキーワードである「ポイントサイト,お小遣い」などのように設定する方がよいと思われます。

あるページでは関係ないキーワードを設定されていると、検索エンジンのロボットに嫌われる恐れがあるということで、あえて設定していないブログもあります。

FC2ブログでの"keywords"設定方法


管理画面FC2ブログFC2ブログにログインして、「FC2ブログの管理画面」をクリックします。
テンプレートの設定環境設定環境設定の「テンプレート」の設定をクリックします。
スタイルシート編集HTML編集「light_designのHTML編集」と「light_designのスタイルシート編集」が表示されますが、「light_designのHTML編集」を使用します。

テンプレートによって異なりますが、前半部分に
<meta name="description"content="<%introduction>" />
がありますので、その前後に挿入すればOKです。

"keywords"の確認方法


URL入力Su-Jineのサイトでは、ブログ情報が見れます。
自分のブログのURLを入れて「チェック」をクリックします。
metaタグkeywords自分が設定したキーワードが表示されていれば、設定に問題がないことを確認出来ます。
また他の方がどのような設定をしているのか見ることが出来るので、キーワードを考える上で参考にできます。





記事一覧表

ポイントサイト
アンケートサイト
アフィリエイトサイト
ブログライターサイト



タグ対策
検索エンジン登録
その他


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。