strongタグ【ブログSEO】

strongタグ【ブログSEO】

byちょびっとコツコツお小遣い
『strongタグ【ブログSEO】』を紹介するページです。
本サイトの一押し、マクロミル(macromill)無料登録は↓こちらから マクロミル(macromill)へ会員登録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

strongタグ【ブログSEO】

検索エンジンロボットに重要視されるタグに、strongタグがあります。
記事を作成中に簡単に設定できます。

strongタグとは


そのページで検索エンジンロボットに対して強調したいキーワードにstrongタグを使用します。
<strong>ブログSEO</strong>と設定すると、ブログSEOと表示されます。

自分のブログのstrongタグを確認する


HxチェックSu-Jineのサイトでは、ブログ情報が見れます。
自分のブログのURLを入れて「チェック」をクリックします。
strongタグstrongタグの設定がされていれば、表示されます。
広告私自身はstrongタグを設定していませんが、これはフッダ部分にあるFC2ブログの広告にstrongタグが使用されているためです。

FC2ブログでのstrongタグの使用方法


記事を作成中に簡単にstrongタグを利用できます。
強調したい文字を選択して「B」をクリックすると、strongタグが設定されます。

strongタグの注意


strongタグは、そのページで検索エンジンロボットに対して強調したいキーワードにstrongタグを使用します。

そのため、そのページでは重要なキーワードではないが、見た目の問題で太字にしたい時は、strongタグでなbタグを使用した方がよいです。
<b>ブログSEO</b>と設定すると、ブログSEOと表示され、strongタグと見た目は全く変わらず、検索エンジンロボットは重要なキーワードとは認識しません。

またstrongタグは1ページにつき、3~4個までが適切と言われています。

strongタグは本当に有効?


検索エンジンで上位表示されるサイトのstrongタグ使用状況を調べると、strongタグを5個以上使用しているサイトもあれば、全く使用していないサイトもあります。
以前は、strongタグはSEO上有効だったが、多くの人が使用するようになったため、検索エンジンロボットはstrongタグを重要視しないという意見が多いです。





記事一覧表

ポイントサイト
アンケートサイト
アフィリエイトサイト
ブログライターサイト



タグ対策
検索エンジン登録
その他


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。