リンクタグ【ブログSEO】

リンクタグ【ブログSEO】

byちょびっとコツコツお小遣い
『リンクタグ【ブログSEO】』を紹介するページです。
本サイトの一押し、マクロミル(macromill)無料登録は↓こちらから マクロミル(macromill)へ会員登録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンクタグ【ブログSEO】

検索エンジンは、リンクタグを詳細に見ています。
内部リンクや外部リンクの際、リンクタグには考慮する必要があります。

リンクタグとは


リンクタグとは、<a href="リンク先">リンク先の説明</a>のことです。
検索エンジンは、この「リンク先」は「リンク先の説明」を説明しているページであると解釈します。

リンクタグの有名な話


「exit」というキーワードをyahooで検索すると、上位にはyahooやgoogleのホームページが表示されます。
これは、<a href="yahooやgoogleのホームページ">exit</a>としているアダルトサイトが多いためです。

yahooは、リンク先である「yahooやgoogleのホームページ」は「exit」を説明しているページであると解釈し、そのようなリンクを行っているサイトが多いため、「exit」をキーワード検索すると、「yahooやgoogleのホームページ」を上位に表示します。

リンクの際にリンク先の説明を考慮する


上記のことから、<a href="リンク先">リンク先の説明</a>の「リンク先の説明」が重要であることが分かります。

これは内部リンクと外部リンクの時に考慮する必要があります。

内部リンクの際にリンク先の説明を考慮する


内部リンクとは、自サイトにあるリンクをクリックすると、自サイトの別のページに移るリンクを指します。

例えば、「http://tyobikotu.blog115.fc2.com/blog-entry-363.html」は、「googleにサイトマップを登録する」を説明しているページです。

本ページで、上記ページへの内部リンクする際に次のような方法が考えられます。
①「googleにサイトマップを登録する」の紹介ページはこちら
googleにサイトマップを登録するの紹介ページはこちら

違和感がないのは、「こちら」をクリックすると「googleにサイトマップを登録する」の紹介ページが表示される①です。

しかし検索エンジンを考慮すると②の方が○です。
①の場合、リンク先は「こちら」を説明しているページと解釈します。
一方②の場合、リンク先は「googleにサイトマップを登録する」を説明しているページと解釈します。
このことから、②の方がSEO的に有利です。


同じ考えで、トップページへの内部リンクがあります。
トップページ
ちょびっとコツコツお小遣い

違和感がないのは①ですが、SEOを考えると②の方が良いです。

外部リンクの際にリンク先の説明を考慮する


外部リンクとは、Aサイトにあるリンクをクリックすると、別のBサイトに移るリンクを指します。
外部リンクの代表例は、相互リンクです。

相互リンクをする・される場合は、SEOを考えるとバナーリンクではなくブログ名でリンクする・される方が良いです。
理由は内部リンクで説明した理由と同じです。





記事一覧表

ポイントサイト
アンケートサイト
アフィリエイトサイト
ブログライターサイト



タグ対策
検索エンジン登録
その他


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。